建設 業 許可 申請。 建設業許可申請の手引き及び申請書等のダウンロード

建設業許可申請の手引き及び申請書等のダウンロード

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

建設業許可とは? 建設工事の請負を営業する場合、元請人はもちろん、下請人でも、建設業法に基づいて業種ごとに許可を受けなければなりません。 「資本金をいくらで始めるべきか?」「事業目的はどうするべきか?」などの疑問を解消しながら会社設立の手続きを進めてまいります。 もし、元請業者が倒産してしまうと、下請業者も連鎖倒産をするなど、大きな被害が出てしまいますので、4,000万円超という 多額の金額を下請に出す立場として、 経営的にも 技術的にもしっかりした会社であることを証明しなければなりません。

14
知った上で契約を交わすと7日以上の営業停止処分を受けることになります。

建設業許可の許可換え新規申請とは?わかりやすくご説明します!

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

例えば、電気工事業の一般建設業を取得されている建設業者様が新たに管工事業の一般建設業許可を取得される場合に業種追加となります。

2
証明先が複数になる場合は、証明先1件につき証明書1枚で作成しますので、2枚以上になることもあります。

建設業許可申請のお金要件と法人設立の資本金との関係

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

(表紙、目次、第1章、第2章、第3章 一括)• なお、一式工事とは、工作物の建設を一体的に請負い、総合的な企画・指導・調整を行う工事を指します。 指定学科を修了し高校卒業後5年以上または大学卒業後3年以上の実務経験• 1)国土交通大臣 許可 二つ以上の都道府県の区域内に営業所を設置して営業 2)都道府県知事 許可 一つの都道府県の区域内のみに営業所を設置して営業 「営業所」とは、建設業を営業するための常設の事務所であり、本店や支店、または常時建設工事の請負契約を結ぶ事務所のことをいいます。

13
また、特定建設業許可を取っても、請け負った建設工事をそのまま一括して下請に出すこと、いわゆる「一括下請負」は原則的に禁止されています。 各自治体の記載例を見ながら記入しましょう。

自分でできる!建設業許可申請マニュアル

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

建設業の相談員をしていたり、頻繁に申請に行くことから都庁からの信頼は厚く、税理士などの他の士業や金融機関から建設業者さんのご紹介を頂くことも頻繁にございます。 特に、地域の特性や会社規模に合わせたサポートが受けられる住宅フランチャイズがおすすめです。 このような点についても法人設立後すぐに建設業許可申請を行うなら、 法人設立する時に資本金の額は要検討する必要がある項目となります。

許可通知書を受けるための基本情報となります。

自分でできる!建設業許可申請マニュアル

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

これは更新の際も同じで、欠格要件の該当者がいる場合は許可の継続ができませんので経管の変更や役員の追加の際には慎重に行います。 また、報酬額が高い。

11
要件の内容がよくわからない方へ 一般建設業許可(兵庫県知事許可)の要件はいづれもとても大切です。 (注)欠格要件等に該当したことにより 不許可になった場合 申請手数料は返還されません! 神奈川県の建設業許可申請ならお任せ下さい! 建設業許可の要件を満たしていない場合 許可を取得することができません! 当事務所では 業者様が許可を取得できるのか? 許可要件診断を無料で行っております。

建設業許可の新規申請時の必要書類について【全書類を徹底解説】│建サポ

申請 建設 業 許可 申請 建設 業 許可

500万円の資金調達能力• 許可を受けた建設業を廃止した等の場合は、廃業届を提出 許可を受けた建設業の地位の承継(建設業法第17条の2) これまでは、建設業者が事業の譲渡、会社の合併・分割を行った場合、譲渡、合併後又は分割後の会社は、新たに建設業許可を取り直すことが必要でした。

書類は必ず2部(正本として都道府県庁保管分、副本として申請者控分)作成します。