診療 報酬 の 算定 方法 の 一 部 改正 に 伴う 実施 上 の 留意 事項 について。 医療

令和2年度診療報酬改定関係|社会保険診療報酬支払基金

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

2MB 【別添2:歯科報酬点数表に関する事項】 <第1章>基本診療料 第1部:初・再診料 第2部:入院料等 266KB <第2章>特掲診療料 第1部:医学管理等 第2部:在宅医療 1. 届出に関する事項 (1)呼吸器リハビリテーション料(I)の施設基準に係る届出は、を用いること。 なお、その留意事項は以下のとおりである。 5MB 第13部:歯科矯正 538KB 様式 54KB 【別添3:調剤報酬点数表に関する事項】 1. (3)治療・訓練を十分実施し得る専用の機能訓練室(少なくとも、病院については内法による測定で100平方メートル以上、診療所については内法による測定で45平方メートル以上とする。

10
ただし、常勤換算し常勤理学療法士数、常勤作業療法士数又は常勤言語聴覚士数に算入することができるのは、常勤配置のうちそれぞれ1名までに限る。

H003 呼吸器リハビリテーション料

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

)、障害児(者)リハビリテーション及びがん患者リハビリテーションが行われる時間が当該保険医療機関の定める所定労働時間に満たない場合には、当該リハビリテーションの実施時間以外に他の業務に従事することは差し支えない。 アレルギーもまだまだ続いている人が多いらしく、 春休みになったこともあり耳鼻科が大勢の人で溢れています。

17

H003 呼吸器リハビリテーション料

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

(答)呼吸器リハビリテーション料の算定要件を満たす場合において、算定可能。

)、障害児(者)リハビリテーション及びがん患者リハビリテーションが行われる時間が当該保険医療機関の定める所定労働時間に満たない場合には、当該リハビリテーションの実施時間以外に他の業務に従事することは差し支えない。

H003 呼吸器リハビリテーション料

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

なお、特掲診療料の施設基準等別表第九の七第三号に掲げる患者については、急性増悪したものを除き、「注3」に掲げる加算は算定できない。 呼吸器リハビリテーション料は、医師の指導監督の下で行われるものであり、理学療法士、作業療法士又は言語聴覚士の監視下に行われたものについて算定する。 令和2年3月5日保医発0305第1号 【厚生労働省説明:改正箇所赤字】 疑義解釈(その1)令和2年3月31日 【呼吸器リハビリテーション料】 問132 誤嚥性肺炎等、呼吸器疾患で言語聴覚士による呼吸訓練とともに摂食嚥下訓練(嚥下評価・食形態、姿勢、量等の記載)を併せて行なった場合、区分番号「H003」呼吸器リハビリテーション料を算定してよいか。

17
5M 第4節:診断穿刺・検体採取料 109KB 第4部:画像診断 764KB 第5部:投薬 358KB 第6部:注射 第7部:リハビリテーション 905KB 第8部:精神科専門療法 646KB 第9部:処置 1. (2)専従の常勤理学療法士、常勤作業療法士又は常勤言語聴覚士のいずれか1名以上が勤務していること。

「「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」の一部改正について」と「要介護被保険者等である患者に対する入院外の維持期・生活期の疾患別リハビリテーションに係る経過措置の終了に当たっての必要な対応について」

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

また、区分番号「K921」造血幹細胞採取の同種移植を行う場合は、 区分番号「K922」造血幹細胞移植の同種移植を算定した場合に限り算定できる。

5
最近は予約システムもあり、前ほどの混みようでは「見た目は」無いように思えますが 実は予約システムのため自宅で待っている人を含めると結構な人数がいたりします。

H003 呼吸器リハビリテーション料

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」の一部改正について 1 別添1第2章第 10 部第2節K920 9 を次のように改める。

7
なお、週3日以上常態として勤務しており、かつ、所定労働時間がの勤務を行っている専任の非常勤医師を2名以上組み合わせることにより、常勤医師の勤務時間帯と同じ時間帯にこれらの非常勤医師が配置されている場合には、当該基準を満たしていることとみなすことができる。 )で実施した場合においても算定することができる。

令和2年度診療報酬改定関係|社会保険診療報酬支払基金

に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意 に 一 事項 の 改正 の 診療 報酬 算定 方法 部 上 の 伴う 実施 について 留意

呼吸器リハビリテーション料の対象となる患者は、特掲診療料の施設基準等別表第九の七に掲げる患者であって、以下のいずれかに該当するものをいい、医師が個別に呼吸器リハビリテーションが必要であると認めるものである。 令和2年厚生労働省告示第57号 【通知】診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について• 平成26年3月31日において、現に当該リハビリテーション料の届出を行っている保険医療機関については、当該機能訓練室の増築又は全面的な改築を行うまでの間は、(3)の内法の規定を満たしているものとする。

17
)を有していること。