諫言 意味。 「諫言耳に逆らう」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

諫言の意味・読み方・使い方を紹介します

意味 諫言 意味 諫言

誰にもプラス面とマイナス面があります。 「諌める」の由来は古語「いさむ」 「諌める」は古語「いさむ」という言葉からきています。 当時であれば切腹、斬首、磔など)に処せられた場合、その家老は「命を捨てて主君を諌めた忠義者」という、いわば「名誉」を勝ち取ることになりますが、それは同時に「主君の暗愚さ」を浮き彫りにしてしまうことであり、鍋島藩においては却って「大不忠」と忌避されました。

18
五木寛之の小説『青春の門』に、 モデルとなった教授から教わった。

「諫言」とは?意味や使い方をご紹介

意味 諫言 意味 諫言

それぞれの厳しさの度合いとしては、 諭す<叱る<怒るとなります。 戦国武将の中で、最も諫言を聞き入れたのは 徳川家康だという人も多数います。

8
それでも勇気を持って主君に対して 「それは間違っています」と言う家来もいました。

「進言」と「諫言」の違いとは?意味を詳しく解釈

意味 諫言 意味 諫言

ただ、「諫言する」は「諌める」の漢語のため、一般的にはあまり使いません。 知識のある人なら何か植えて栽培するだろう。

6
こちらも 「進言」と同様に、目上の人にしか使えない言葉となっており、諫める為の意見のことを指します。

「諫言」とは?意味や使い方をご紹介

意味 諫言 意味 諫言

忠言(ちゅうげん)する• デジタル大辞泉には以下のように記載されています。 「苦言」は「相手のためを思って、言いにくいところまで言って戒める言葉」です。

11
上司から部下に対してなど、目下の者に対して「諌める」とは使わないので注意しましょう。 また「罪などに対して寛大な処置を取る」といった意味もあります。

「提言」の意味とは?「提言」と「助言」「進言」「諫言」の違い・読み方・英語・類語

意味 諫言 意味 諫言

「誠意をもって主君に諫言する」 上司の過失って、指摘しづらいですよね。 それは決して逃げではなくて、むやみな争いを避けて、自分の一つのキャリアを捨て去る、勇気ある行動だと思います。

15
諫言の文章・例文 例文1. 目下の人の良くない部分を指摘して、強くガミガミ言うことを「叱る」と言います。

「提言」の意味とは?「提言」と「助言」「進言」「諫言」の違い・読み方・英語・類語

意味 諫言 意味 諫言

また、南北朝時代の軍記物語「太平記」では、「三千余騎の兵共、大将の諫言に力を得て」という一文も残されています。 例文3. コラムは指摘する。

9
「提言」と「助言」の違い• ただし、無闇にこの 「諫言」ばかりしていると、うるさい奴だと思われてしまうことになり、その後に大きな影響が出てしまう懸念が否めません。