ずつ と づつ の 違い。 「ずつ」と「づつ」正しいのはどっち?違いと使い分けのポイントもご紹介

「ずつ」と「づつ」の違いと使い方・意味と語源|どちらが正しい

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

スポンサードリンク 「ずつ」と「づつ」正しいのはどっち? 「 ずつ」と「 づつ」。 「づ」を使うか「ず」を使うか迷ったときは、もとの言葉を意識すると容易に判断することができます。

8
公私を使い分けて、プライベートな場では気分によって書き方を変えてみるのも乙かもしれませんね! 参考:. 漢字があるのは「ずつ」の方だけのようです。 Sponsored Links 本則は「ず」 先ほどの資料にもありますように、 バラバラにできない2語、たとえば「稲妻」で「ズ」と発音するものは、基本的に「づ」ではなく、「ず」と書くことになっています。

「ずつ」と「づつ」の違いは何?どっちがいいのか正しい使い分け方を解説!

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

歴史的仮名遣いから現代仮名遣いへ変わったのも納得です。 しかしながら、私的な手紙や、仲間内のやりとりであれば「づつ」を使っても特に問題はありません。

4
「少しずつ」や「一本ずつ」等、それぞれが均等であることを伝える時には「ずつ」を使います。

「ずつ」と「づつ」の違いとは?

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

参考にしていただけるとうれしいです。 「歴史的仮名遣い」と「現代仮名遣い」ってあまり聞かない言葉ですね。 このように一度「ずつ」に統一されたという経緯があるため「ずつ」という表記の方が一般的な認識として浸透しています。

それではどちらが正解でどちらが誤用となるのか、その違いと使い方を解説していきます。

「ずつ」と「づつ」の違い、使い分け

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

「歴史的仮名遣い」と「現代仮名遣い」とは? 『基本は「ずつ」だけど、「づつ」も間違いじゃない』 これってどういうことなんでしょうか。

7
以下は一部を抜粋して引用したものです。

「ずつ」と「づつ」の違い、語源、使い分け方

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

終戦直後までは「づつ」と使っていたものを、一気に「ずつ」にしたわけです。

11
ほとんどの「歴史的仮名遣い」は時代の変遷とともに見かけることはなくなりましたが、「づつ」は現代でも見かけることがあります。

「1つづつ」と「1つずつ」とでは

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

現代語では基本的に「づつ」ではなく「ずつ」を推奨していますが、「づつ」という表現でも間違いではありません。 例えば「続き(つづき)」「鼓(つづみ)」などは、「ず」ではなく「づ」を。

14
「ぢ」と「じ」の使い方で混同されがちなのは、例えば「地面」や「町中」、「旅路」などの表現です。 「づつ」も歴史的仮名遣いの1つです。

「ずつ」と「づつ」の正しい使い分け方

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

「づつ」は歴史的仮名遣いという古い日本語。 先にある方が推奨して使用されるものであると覚えておくと分かりやすいでしょう。 「2つずつ」「4つずつ」と相手に伝えるだけで、「配ればいいんだな」「渡せばいいんだな」と省略された言葉を瞬時に判断することができます。

3
1946年(昭和21)に、「現代かなづかい」が公布されてからは, 「づつ」は、 おもに古典の表記にのみ使う、ということに使い分けがされてきました。

「ずつ」と「づつ」の違いとは?どちらが正しいの?

違い ずつ と づつ の 違い ずつ と づつ の

結論から言うと 「ずつ」が基本的には正しいとされています! その根拠として、昭和61年(1986年)に出された内閣訓令にて 公用文書、新聞、雑誌などでは必ず 「ずつ」で統一されています。 なので今では「ずつ」も「づつ」もどちらでも間違いではありません。

14
「ちょっとづつ」と「ちょっとずつ」 しかし、「づつ」と「ずつ」のいずれを使うのが正しいか悩むこともあるでしょう。