ベラルーシ 独裁。 独裁に反旗「ベラルーシ」で今起きていること

WEB特集 支局長が解説! ベラルーシで何が? 大統領が“強権”って?

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

これよりも北の地域も旅しましたが、どこも 治安がいい印象です。 ネットの世論調査では支持率が3%だったにもかかわらず、80%の票を得たため、不正選挙だと市民が抗議。

5
国の権力を奪い国の安全を壊そうとしている」と、みずからの息のかかった検察庁に捜査を命じ、メンバーの事情聴取にも乗り出しました。

予想外!?独裁国家ベラルーシに来てがっかりした10個のこと

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

動画のコメント欄を見ると、様々な国の言語が飛び交っており、世界各国のサッカーファンがベラルーシリーグ観戦で渇望を満たしている様子が見て取れます。 この閉ざされた国を私の力でこじ開けていきたい。

6
しかし、その根源はもっと深いものだ。

八方美人が生き延びる?:ベラルーシの長期独裁政権

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

2020年の供給契約がまとまらず、年初からしばらく、ロシアから原油が輸入できない事態となりました。 2016年にはルカシェンコ自身が中国をし、軍事産業などの分野における関係強化を合意した。 また、ルカシェンコはかつて農場長を務めた経歴の持ち主であり、トラクターの運転もお手の物(トラクター自体もベラルーシ工業の主力製品)。

20
ルカシェンコ大統領は、こうした国民感情に合致する形で親ロシア政策を推し進め、ロシア語をベラルーシ語と同格の国家語に押し上げ、また当初は国家統合に向けた動きも見られました。 また、法を逸脱した形での示威行為は、ルカシェンコ政権による弾圧を正当化することにも繋がるため、チハノフスカヤは国民に、あくまでも平和的な意思表示を呼びかけています。

八方美人が生き延びる?:ベラルーシの長期独裁政権

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

そうした中、お隣のウクライナでドンバス内戦という本物の戦争が発生。

18
以下で、ルカシェンコ氏が政権についた1994年以降のベラルーシをめぐる国際関係を概観してみよう。

「ベラルーシ長期政権 『独裁』大統領の試練」(ここに注目!)

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

偏見10. 選挙管理委員会はルカシェンコ大統領が80%、チハノフスカヤ氏が10%という結果を発表しました。

5
連邦崩壊に伴い、91年独立、94年の大統領選挙でロシアとの統合強化を唱えるルカシェンコ大統領が圧倒的な支持で当選しました。 自由主義諸国vsロシア&独裁国家の対立が如実に。

独裁国家ベラルーシ。背後に潜むロシアの影。

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

政権はパンデミックを「精神病」と呼び、医療従事者に防護具や医療品を提供できず、救急車の不足に直面した。 美女国内隔離の法律を作った理由 なぜこのような法律を作ったのでしょうか? 逆に美女が多いのなら、世界に出て行ったほうが国の宣伝になるのではないでしょうか? ウクライナやロシアみたいに。 事実を見る限り、イエスとは言い難い。

11
このときに大統領になったのがアレクサンドル・ルカシェンコだ。 あまりにあからさまな不正に抗議に街頭に出た人を待っていたのは、力による弾圧でした。

独裁国家一覧|トルクメニスタン・ベラルーシ・北朝鮮など

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

「欧州最後の独裁者」と呼ばれるルカシェンコ大統領の奇矯な言動や、チェルノブイリ原発事故の汚染被害(原発そのものはウクライナに所在)、美人が多いといったことが、時折話題になる程度です。 いわばルカシェンコは自分のピンチを人質に、ロシアに自分を守らせようとしているといえる。

3
体制側は、何だかんだと理由をつけて、危険な対抗馬の候補者登録は認めないのが常ですが、チハノフスカヤについては候補者として登録しました。 以下では、ベラルーシをめぐる国際関係について、各国の思惑に迫りながら深く見ていこう。

予想外!?独裁国家ベラルーシに来てがっかりした10個のこと

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

現に、夜中にホテルを探して色々と散策しましたが、ベラルーシで身の危険を感じたことは一度もありません。 隣国のウクライナは世界一の美女の国として言われているので、この地域は美女が揃う何かがあるのだろう。

13
私はベラルーシ人の家に泊まり、一晩中ベラルーシについて興味本位で質問を連投した。 ウクライナ危機は、ルカシェンコの手柄にもなりました。

WEB特集 支局長が解説! ベラルーシで何が? 大統領が“強権”って?

独裁 ベラルーシ 独裁 ベラルーシ

その結果ベラルーシは、ある程度安定はしており、お隣のウクライナのような大混乱こそないものの、きわめて閉塞的な国になってしまいました。

これは、EUが当初求めていたほどにベラルーシの人権状況が向上したことを意味するであろうか。