いすゞ ボルボ。 いすゞ、ボルボと提携

いすゞとボルボグループ、戦略的提携に関する基本契約を締結

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

そのほか、いすゞとボルボ・グループは、進化する都市型物流へ対応するため、いすゞが得意とする中・小型トラックでの協業を進めていく。 いすゞは、ボルボ・グループからUDトラックス事業を取得し、日本および海外市場での大型トラックビジネスのさらなる強化を図っていく。

11
(12月01日)• 海外での拡販のシナジーも視野に入れる。

ISUZU:いすゞとボルボ・グループ、商用車分野での戦略的提携に関する覚書を締結

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

取り組みの第一弾として、2022年以降、いすゞとUDトラックスは一部車型の共有を行う。

11
一方、欧州からは、すでに対等合併することを明らかにしていたフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)が、対等合併することで最終合意したと発表したというニュースも飛び込んできた。

いすゞ自動車/ボルボ・グループと戦略的提携で基本契約を締結

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

第1ステップとして22年以降、UDトラックスの一部商品を共有化し、アジア向け大型トラックを開発する。

2
いすゞ自動車とボルボ・グループは30日、商用車分野での戦略的提携に関する基本契約を正式に締結したと発表した。

いすゞとボルボグループ、戦略的提携に関する基本契約を締結

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

UDトラックスのいすゞへの譲渡は2021年上半期中に手続きを完了する予定という。

まずは既存部品を対象に活動を始め、大型プラットフォームの共同開発のタイミングに合わせ共通仕様部品やコンポーネントを拡大。 (11月30日)• いすゞとボルボ・グループはそれぞれが得意とする領域を相互に補完しながら、お互いの持つ優れた技術とスケールメリットを活かし、商用車での既存技術および先進技術開発の協業を進める。

いすゞ自動車/ボルボ・グループと戦略的提携で基本契約を締結

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

今後は両社の資本提携も焦点になるものの、「現在の形で協業の方向性は具体的に共有化できており、現時点では考えていない」とした。 またUDトラックスをいすゞグループに迎えることで、UDトラックスがこのアライアンスを推進する上での重要な役割を果たし、協業を効率的かつスピーディーに進め、成果を早期に実現出来ることを期待している」と述べている。 いすゞとUDトラックスは、ボルボ・グループの技術も活用し、日本およびアジア市場向け大型トラックのプラットフォームの共同開発を進める。

4
また、いすゞは2020年末までにUDの全株式を取得する。 初めて就職した会社が日産ディーゼルだったな。

名門いすゞが生き残りを懸けてボルボと提携、商用車も世界再編の波

ボルボ いすゞ ボルボ いすゞ

いすゞのシェアが低い25トンクラスの大型トラックが得意なUDトラックスを傘下に収めることで、日本国内やアジアでのシェア向上につなげるという計算は成立する。 新型コロナウイルスによる前例のない状況の中でも顧客サービスに尽力し、業績向上に努めてきたUDトラックス社員の皆さんを私は誇りに思っています。

3
いすゞは、ボルボ・グループからUDトラックス事業を取得し、日本や海外市場における大型トラックビジネスのさらなる強化を図る。