ドキュメンタリー 沖縄 戦 知 られ ざる 悲しみ の 記憶。 太田隆文監督映画『ドキュメンタリー沖縄戦』ジャパンフィルムフェスティバルLAで最優秀賞

ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

凄惨のひと言に尽きる。 「アメリカ恐れた男 その名は瀬長カメジロー」「沖縄スパイ戦史」「主戦場」に続く、戦争ドキュメンタリー作品の傑作。

5
さらに足りない兵を補充するため、沖縄県民の14歳から70歳まで、徴兵されていない女性、子ども、老人をも徴用。 沖縄戦についてはNHKドキュメンタリーでもかなり見てきたつもりだが、作り手や証言者が違うと、また新たな発見がある。

ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶 : 作品情報

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

死に切れない子供を親が自ら手を下し殺す。 そして、女性たちも・・。

この史実を生き残った平良啓子さんによるインタビューで語り、その生々しさに胸が引き裂かれるような思いになりました。

ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

これは、3・11を受け、静岡県湖西市を舞台に原発事故に翻弄される家族を描いた作品である。

2
この日本の中でどう生きていくのか?のヒントが見つかる映画になっているので、ぜひ観ていただきたい。

Vol.940 映画監督 太田隆文(ドキュメンタリー映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』について)

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

宝田:本作に登場する12人の証言者、実際に沖縄戦で被害に遭った高齢者の方々の証言はやはり生々しく、もう胸が痛くて喉を締めつけられる感覚がありました。 「どうせ俺は、殺されて死んでいたはずの人間なんだから、やらないわけにはいかないんじゃないか」という覚悟が心の支えとなってくれましたし、それは役者としての自分を常に支えてくれるものでもあります。

防空壕については知花昌一さんによって詳しく語られ、現存する二つの壕を映し出す。

Vol.940 映画監督 太田隆文(ドキュメンタリー映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』について)

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

来阪した太田監督に話を聞いた。

3
それもまたひとつの解であろう。 940はドキュメンタリー映画『ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶』(2020年7月25日公開)太田隆文監督へのインタビューをお送りします。

【宝田明インタビュー】映画『ドキュメンタリー沖縄戦』戦争という忘れ得ぬ記憶と向き合い続けてきた役者人生

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

「1人が5人殺せば勝てる!」と精神論で戦わせた。 県民だけを計算すると、当時の人口の3人に1人が死亡したことになる。 全体を理解した上での撮影・編集なので、意図が不明瞭だったり、整合性が不明だったりするカットがない。

十分な兵力と武器も送らず、米軍50万8千人に対して、日本軍は11万6400人。 僕が沖縄戦を勉強し、現地を訪ね、体験者から話を聞く。

沖縄戦の全貌を多角的に描く「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」~伝えたい記憶に向き合う夏に~

知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の 知 戦 記憶 られ 悲しみ 沖縄 ざる ドキュメンタリー の

そこには子ども達には伝えられない凄惨と絶望。

6
また、制作意図が明確だから、俳優やスタッフとの共通理解がうまく形成されやすい。 先日TVで観た『沖縄スパイ戦史』にも共通していたことですが、「軍隊は住民を守らなかった。