アトルバスタチン 錠 副作用。 アトルバスタチン錠の効果と特徴

アトルバスタチン錠10mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

肝障害• 血圧を適切にたもつことは、将来起こるかもしれない脳卒中や心臓病、腎臓病を防ぐことにつながります。 夕方に投与した方が夜間にしっかりと効かせる事が出来るため、コレステロールの合成を効率よく抑える事が出来るのです。 主な副作用は、• アトルバスタチンは乳汁中に移行する事が分かっているため、授乳中の方が服用するとお薬の成分が乳汁を通じて赤ちゃんにまで届いてしまいます。

18
(下記、全日本民医連ホームページで過去掲載履歴ご覧になれます) <【薬の副作用から見える医療課題】掲載済み> 2.アルツハイマー治療薬の注意すべき副作用 3.味覚異常・聴覚異常に注意すべき薬剤 4.睡眠剤の注意すべき副作用 5.抗けいれん薬の注意すべき副作用 6.非ステロイド鎮痛消炎剤の注意すべき副作用 7.疼痛管理に使用する薬剤の注意点 8.抗パーキンソン薬の副作用 9.抗精神薬などの注意すべき副作用 10.抗うつ薬の注意すべき副作用 11.コリン作動性薬剤 副交感神経興奮薬 の副作用 12.点眼剤の副作用 13.消化器系薬剤の様々な副作用 14.ジゴキシン 強心剤 の注意すべき副作用 15.抗不整脈薬の副作用 16.降圧剤の副作用の注意点 17.トリプタン系薬剤 片頭痛治療薬 の副作用について 18.脂質異常症治療薬の副作用について <【薬の副作用から見える医療課題】続報〔予告〕> 19.喘息及び慢性閉塞性肺疾患治療薬の副作用 20.潰瘍性大腸炎治療薬の副作用 以下、60まで連載予定です。

アトルバスタチンの効果・副作用は?先発薬との薬価の違いも徹底比較!

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

これらを予防するために、アトルバスタチンを内服します。

5
リピトール の3種類があり、どれも強力にLDLを下げることになります。

アトルバスタチン錠10mg「トーワ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

(40歳代病院勤務医、泌尿器科)• 足のむくみ、歯肉の腫れ• カルシウム拮抗薬 降圧薬 など多くの物が記載されています。 また、アルコール中毒の患者は、横紋筋融解症があらわれやすいとの報告がある。 AST311・ALT117・LDH1988・CPK23295。

(相互作用) 本剤は、主として肝の薬物代謝酵素CYP3A4により代謝される。

アトルバスタチン錠5mg「Me」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

アトルバスタチンは主に肝臓に作用し、肝臓で代謝されます。 • 退院1月後、AST48・ALT45・LDH273・CPK64。 危険因子:腎機能障害 クラリスロマイシン 本剤の血漿中薬物濃度の有意な上昇(Cmax:+55. そういった人は、アトルバスタチンなどのスタチン系とフィブラート系両方を使えば良いのでは?と安易に考えがちです。

VLDLは末梢組織に中性脂肪(TG)を運ぶはたらきがあるため、VLDLが少なくなれば中性脂肪(TG も少なくなるというわけです。 どんなにアトルバスタチンが優れていても、日常生活を見直さないと脂質異常症は改善しないため注意しましょう。

医療用医薬品 : アトルバスタチン (アトルバスタチン錠5mg「NS」 他)

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

【禁忌】 次の患者には投与しないこと• 2).免疫介在性壊死性ミオパシー:免疫介在性壊死性ミオパシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 運動療法 が柱となります。 (40歳代病院勤務医、呼吸器内科) スタチン この薬をファーストチョイスする理由(2014年12月更新)• 真菌薬• スタチン系に多い副作用 国内の臨床で使用されているHMG-CoA阻害薬は、下記の6種類があります。

2
アゾール系抗真菌薬投与中• アトルバスタチン錠10mg「NP」 アトルバスタチン錠10mg「NP」と標準製剤のそれぞれ1錠(アトルバスタチンとして10mg)を、クロスオーバー法により健康成人男子に絶食単回経口投与して血漿中アトルバスタチン濃度を測定した。

【新連載】18.脂質異常症治療薬の副作用について

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

過敏症• 人により副作用の発生傾向は異なります。 なお、横紋筋融解症や肝機能障害含めて、アトルバスタチンの副作用は投与初期にみられることが多く、その多くは投与をやめることで回復します。 アルコール中毒• 4.糖尿病の患者[糖尿病を悪化させることがある]。

13
TG 中性脂肪 も下げる• 授乳婦• 少なくともアトルバスタチンを投与開始してから1か月から3か月の間に、一度は採血することが推奨されています。 このお薬には、2種類の有効成分が配合されています。

アトルバスタチン副作用について、お願いします。LDLコレステロールの...

錠 副作用 アトルバスタチン 錠 副作用 アトルバスタチン

アトルバスタチンの用法・用量 通常、成人は10mgを1日1回で使用します。 先ほど使用できない疾患に肝機能障害を挙げたように、そもそもC型肝炎がある時点でスタチン系のお薬は使用しづらいです。 HMG-CoA還元酵素というのは、どのような酵素なのでしょうか。

19
腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる患者に、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすいので、やむを得ず併用する場合には、定期的に腎機能検査等を実施し、自覚症状<筋肉痛・脱力感>の発現、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇並びに血清クレアチニン上昇等の腎機能の悪化を認めた場合は直ちに投与を中止する。