白光 真宏 会 公式 ホームページ。 白富士のホームページ

白光真宏会本部主催「インターネットによる祈りの会」の参加集会アンケート

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

世界人類が平和でありますように 日本(にっぽん)が平和でありますように 私達(わたくしたち)の天命が完(まっと)うされますように 守護霊(しゅごれい)様ありがとうございます 守護神(しゅごじん)様ありがとうございます 世界平和の祈りは、いつでも、どこでも、誰でも祈ることが出来ます。 ただし、スマートフォンの場合、セキュリティのために、パソコンからのメールをすべて拒絶する設定になっている場合もあります。 人が自分を見て、「吾 われ は神を見たる」と、思わず思わせるだけの自分を磨き高め上げ、神そのものとなるのである。

5
この世のなかのすべての苦悩は、人間の過去世(かこせ)から現在にいたる誤てる想念が、その運命と現われて消えてゆく時に起る姿である。

教え

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

当日、ご参加になれない方も、時間を合わせて、またはできるお時間でご一緒にお祈りください。 (1946年)• 私達の天命が完うされますように• スマートフォンでピースレターの受信を申し込んでもいっさい応答がない、というのは、編集者が無視しているのではなく、スマートフォン側の受信設定に問題があります。

4
即ち、神の言葉、神の想念、神の行為とは、あふれ出る、無限なる愛、無限なる叡智、無限なる歓喜、無限なる幸せ、無限なる感謝、無限なる生命 いのち 、無限なる健康、無限なる光、無限なるエネルギー、無限なるパワー、無限なる成功、無限なる供給……そのものである。 のちに「白光真宏会」と改称。

動画による祈りの会

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

故に、いかなる地球上の出来事、状況、ニュース、情報に対しても、又、人類の様々なる生き方、想念、行為に対しても、且つ又、小智才覚により神域を汚してしまっている発明発見に対してさえも、これらすべて「人類即神也」を顕すためのプロセスとして、いかなる批判、非難、評価も下さず、それらに対して何ら一切関知せず。

10
すべては宇宙そのもの、光そのもの、真理そのもの、神の存在そのものなり。 (1927年)• お住まい:都道府県名または国名を選択してください。

動画による祈りの会

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

全国の富士聖地行きバス情報 ( To Fuji)• (1872年)• 上記の内容で送信します。 守護霊・守護神 [ ] 五井の宗教は別名、守護霊守護神教とも呼ばれるくらい、守護霊・守護神の重要性を強調している。

6
(1880年)• それを知るためには、白光真宏会本部に電話で問い合わせなければなりません。 (1972年)• 会員であったの血をひく尚悦子は、病気をきっかけに五井の養女となり、と改名し、西園寺裕夫(の曾孫)と結婚、五井の死後、白光真宏会会長を継承した。

三重白光会館 トップページ

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

(1930年)• 顔こそ合わせませんが、基本的には法友間の交流です。 私を見たものは、即ち神を見たのである。 これを実行していると、個人も人類も真の救われ(正覚)を体得できる( 個人人類同時成道)。

13
お申し込みされる方がご自分で正しい情報を入力しませんと、何度申し込まれてもピースレターを送信することはできませんので、ご注意下さい。

動画による祈りの会

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

本登録情報があった際には、編集者側で登録情報を確認します。 (1814年)• ご本名:お名前はご本名を入力してください。

Zoom祈りの会の案内 in Zoom• 五井先生や故・瀨木庸介元理事長は、「維持会員になるということは、会費を通じて、祈りによる世界平和運動の現実面での維持・発展に貢献することになります」とおっしゃっておられました。

教え

真宏 公式 白光 ホームページ 会 真宏 公式 白光 ホームページ 会

維持会員の中には、「ピースレター」を読みたいと思っても、Eメールができないために「ピースレター」を受信できない方が大勢おります。 それのみである。 守護神とは神の救済面、愛の働き(神のもう一つの働きは法則である)の権化で、人類救済の任を帯びた偉大な光明体である。

5
(1948年)• その他のコンテンツ(白富士の論文・エッセイほか「五井先生随聞記」などの読み物) Other それぞれのカテゴリーにあるコンテンツ内容は、画面上部にあるメニューでご確認ください。 (1892年)• それのみである。