教育 委員 会 課題。 S63報告書~社会教育の現状と課題~

教育委員会

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

校長、教員その他の教育関係職員の研修に関すること。 (平成30年)9月現在、教育委員会の数は、都道府県に47、に20、市町村に1718(広域連合・共同設置を含み、一部事務組合を含まない。

4
これを後押しする形で、「 経済財政運営と構造改革に関する基本方針2004」が閣議決定され、そのなかでは、「地域の創意工夫を活かし、学校の自由度を高めるため、平成16年度内を目途に教育委員会の改革と合わせ、教育内容等に関する校長の権限強化と学校の外部評価の拡充に向けた方針を示す」ことが明示された。 方針は、「教育委員会制度については、十分機能を果たしていない等の指摘を踏まえ、教育の政治的中立性の担保に留意しつつ、当面、市町村の教育委員会の権限(例えば、学校施設の整備・管理権限、文化・スポーツに関する事務の権限など)を首長へ移譲する特区の実験的な取組みを進めるとともに、教育行政の仕組み、教育委員会制度について、抜本的な改革を行うこととし、早急に結論を得る」とする。

〔1〕教育委員会制度の現状と課題:文部科学省

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

予算案の作成と予算の執行 [ ] 教育委員会には、予算案作成権や予算案を議会に提出する権限、予算を執行する権限はない(地方自治法第109条、186条の6)。 教育関係団体をはじめ、教育法学者、教育行政学者から多く出されるものであり、その活性化策には次のようなものがある。

5
「」(昭和31年法律第162号)によって規定されており、多くは都道府県の教育委員会規則によって内部組織について定められ、組織の一部に組み込まれている。

S63報告書~社会教育の現状と課題~

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

教職員の人事及び研修• 地方自治体の長から独立した公選制・合議制の行政委員会で、予算・の原案送付権、小中学校の教職員の人事権を持ち合わせていた。

5
市町村委員会は、県費負担教職員の服務を監督する(地行法43条1項)。

教育委員会制度について:文部科学省

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

また、文部科学大臣は地方公共団体の長又は教育委員会に対し、都道府県委員会は市町村長又は市町村委員会に対し、それぞれ都道府県又は市町村の区域内の教育に関する事務に関し、必要な調査、統計その他の資料又は報告の提出を求めることができる(地行法54条2項)。

4
(設置) 第2条 都道府県、市(特別区を含む。

S63報告書~社会教育の現状と課題~

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

しかし、小規模の教育委員会では十分な人的・物的体制を採ることが難しく、効率的な行政の面からも問題がある。 また、執行機関が様々な分野の代表者で構成されている方が、地域住民の幅広い意見を代表することにもなる。

16
しかし、現在までの本県における公的機関の学習情報の提供は、各機関が独自の内容を様々な方法で、しかも一方通行の形でなされているのが現状である。

S63報告書~社会教育の現状と課題~

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

教育委員会は、学校における以外の教材の使用について、あらかじめ、教育委員会に届け出させ、又は教育委員会の承認を受けさせることとする定を設ける(同条2項)。

18
文部科学大臣は都道府県又は市町村に対し、都道府県委員会は市町村に対し、都道府県又は市町村の教育に関する事務の適正な処理を図るため、必要な指導、助言又は援助を行うことができる(地行法48条1項)。 児童・生徒の就学及び学校の組織編制• 校舎その他の施設及び教具その他の設備の整備に関すること。

S63報告書~社会教育の現状と課題~

課題 教育 委員 会 課題 教育 委員 会

教育委員会の運営• 組織 [ ] 委員と委員会 [ ] 教育委員会は、教育長及び四人の委員をもつて組織する(地行法3条)。

5
教育長の資格化と教育委員の研修の充実 教育委員会活性化方策として挙げられるもう一つの政策が教育長の教育職員免許状の設立と教育委員の研修の充実である。 議会に提出された予算案は、審議を経て議会が議決する(地方自治法96条1項2号)。