若 大将 シリーズ。 「若大将シリーズ」クロニクル1961〜1981|佐藤利明(娯楽映画研究家・オトナの歌謡曲プロデューサー)の娯楽映画研究所|note

resources.paperg.com

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

若大将』はこれまでとは趣きが違った作品となっていた。 それに東宝映画ならではの女優陣の充実もポイントが高い。

19
日本一の若大将(オーディオコメンタリー: ・)• 美術:薩谷和夫• 一オクターブ下げたキーで半分のスピードでトットトットトットトット・・・とアドリブを弾いたんだよ。 その後。

帰ってきた若大将

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

「若大将シリーズ」の海外ロケは、すべてこのジョーンズ氏のおかげで出来たようなものである。 COOL COOL NIGHT(クール・クール・ナイト) 作詞・作曲=• 酒屋の三代目が大学スポーツの花形選手という設定は、若大将のプロトタイプと言って良いだろう。 久太郎が、太田の母親()に一目惚れするが、2人で息子たちに内緒で手を出した小豆の先物取引に失敗して2000万円の損害を与えてしまう。

学園祭のバンド - 挿入歌 [ ]• (スポーツ報知)• 若大将が澄子(あるいは節子、純子) と何かのきっかけで出会い、恋に落ちる。 番外 [ ] 上述のほか、次のような番外作品が製作されている。

全50作品。加山雄三が出演した映画ランキング

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

3作目「日本一の若大将」の脚本も上手くまとまっていて、シリーズはまだまだ続きますが、ここで ひと区切りという感じがしています。 江口敏(、『大学の若大将』のみ役名が多湖誠、『ハワイの若大将』のみ配役が)• 太田茂夫 -• ミス・クラウン・コーラの鈴木加代子が端役で出演。

2
スタッフ [ ]• ラリーシーンや駅伝シーンのため、、、、など地方でロケーションされた。

resources.paperg.com

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

察するところ、劇場内の多数の観客は作品を何度も鑑賞 しつくして内容を完璧に熟知しており、先の展開もお見通 し、名シーンや、決まり文句が出る直前から拍手の準備を しているふうである。 撮影 -• だから日本では、今は違和感があるかもしれないけど、そのうち、あたり前になるかもよ。 そうした最新のアイテムだけでなく、老舗の若旦那がひょんな事から勘当されて、その世界で活躍して、家に戻って来る、という落語の「若旦那もの」のパターンをきちっと踏襲した大いなるマンネリズムも魅力的。

10
仮題は「 がんばれ! しかし公開時に既に加山は30歳になっており、学生服が似合わなくなったため、次作『』で若大将を卒業させることとなる。 removeClass "slick-initialized" ,t. 若大将シリーズのまとめ 若大将シリーズは、難しいことは一切抜きで、よくもわるくも悪気を知らない若者が、若者らしい失敗をしながらも最後はハッピーエンドになるという、安心して観ていられ、すがすがしい気持ちになれるストーリーです。

がんばれ!若大将

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

青山トンネル• なお、既に逝去していたは写真のみでの登場となった。

そこで藤本は、草刈正雄を主演に『がんばれ!若大将』、『激突!若大将』の2作(ともに1976年・小谷承靖)を製作。 ハム()で、当時としては珍しいテープを使ってので唄う。

大学の若大将/オールナイトの思い出(若大将シリーズ)

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

国道1号線横• 美術 -• マラソン()• 照明:• CMには「エレキの若大将」、「ハワイの若大将」、「アルプスの若大将」、「レッツゴー!若大将」、「歌う若大将」のシーンが使用された。

9
それがプログラムピクチャーの楽しみ方。

☆若大将シリーズ☆

大将 シリーズ 若 大将 シリーズ 若

シリーズ第11弾であるが、加山のスケジュールの関係上、本作は(『』を除いて)『』以来久々のオール日本ロケとなった。 - (英語) 若大将映画作品 通番 題名 公開日 脚本 監督 第1作 第2作 第3作 1962年 第4作 第5作 田波靖男 第6作 1965年 第7作 古澤憲吾 第8作 1966年 第9作 岩内克己 第10作 1967年 古澤憲吾 第11作 1967年 岩内克己 第12作 第13作 1月1日 福田純 第14作 1969年 第15作 1月1日 岩内克己 第16作 1970年 第17作 岩内克己 第18作 小谷承靖. のちの日本ハムとロッテ)ことでプロデューサーが野球をテーマにすることに消極的だったからだとも言われている。

東海建設の社員• 14 日本一の若大将 福田純 加山雄三 星由里子、田中邦衛、有島一郎、飯田蝶子、藤山陽子、北あけみ、中真千子 他 併映・香港の星 1963. スチル:中山章• の蓋を鉄板代わりにを焼く。