川崎 汽船 株価。 川崎汽船[9107]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

川崎汽船 (9107) : アナリストの予想株価・プロ予想 [KKK]

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

・ 信用残時系列データは、週1回の発表で、金曜日時点のデータを翌週火曜日に更新します 祝日などにより変動することがあります。 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期 下期 の連結経常損益は99. 川崎汽船(9107)のEPS(1株当たりの利益)の推移です うげ!マイナスだらけです。

2
Yahoo! 結局、思惑通りに行ったのは伊藤忠だけ。 直近3ヵ月の実績である7-9月期 2Q の連結経常利益は前年同期比3. また、財務体質の改善と事業基盤の安定化を最優先課題と捉えており、通期見通し及び当社財務状況等を総合的に勘案するため、期末配当につきましては現時点では引き続き未定とさせていただき、予想可能となった段階で改めてお知らせいたします。

川崎汽船 (9107) : 決算情報・業績 [KKK]

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

規模では、日本郵船・商船三井に次いで国内第3位である(2014年3月末時点で583隻を運航)。 このサイトが、 株式投資を始めよう・続けようとしている方に向けて、少しでも 有益な情報を提供できるよう、がんばります! <こちらもどうぞ> 人気記事• 一度買ったらずーっと売らないつもり。 特定の投資スタンスをお勧めするものではありません。

10
414• 30 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 SBI証券は、 情報収集のしやすさがバツグンで、将来的に 米国株を始めたい際にも必須となります。

川崎汽船 (9107) : 株価/予想・目標株価 [KKK]

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 全社一丸となって、より一層の業績向上に取り組む所存ですが、中間配当につきましては誠に遺憾ながら無配とさせていただきます。

当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

川崎汽船[9107]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

もちろん長期投資にとってはマイナスポイントです。 川崎汽船とエフィッシモ・キャピタル・マネージメント なお、川崎汽船の株式の38. 主にコンテナ船、自動車船、不定期専用船、エネルギー資源輸送船などを運営しています。 ・ 用語の意味については「」「」をご覧ください。

12
この理由は色々長くなるので割愛しますが、とりあえず、3社の連携がとれていないことが一つの問題、そして、分離しようが統合しようが、勝ち目のない戦いなのは変わりない・・・というのが2つめの理由じゃないかと思われます。

【9107】川崎汽船の業績・決算と株価~国内海運大手3社の一角

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

配当利回り [9107]川崎汽船の 配当利回りは、 0%(税引き前)です。 海外比率が高めな点は評価できます。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。

18
(投資を続けていくと、それぞれの証券口座の特徴が分かってくるので、色々な口座で売買をしていくことになりますが、 まずはじめに持っておきたいのは、この2つです。

川崎汽船株式会社

株価 川崎 汽船 株価 川崎 汽船

そんな川崎汽船(9107)、現在の社員数は7,153人です。 難しすぎる気がします。 最近、決算の開示セグメント情報を組換えしたせいでわかりにくくなりましたが わざとコンテナ部門の赤字をみせないように組み替えたよね? 2017年度までの決算の情報でいくと、 コンテナ船が6037億円の売上に対して 不定期専用船が5239億円の売上となっており 国内海運事業者にしてはコンテナ事業への傾注が強い企業となっていました。

1
直近決算期:2020年3月期 連 【売上高】735,284百万円【当期純利益】5,269百万円【自己資本比率】11. 21年3月期第2四半期累計 4-9月 の連結経常利益は前年同期比25. これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。