ミスティ カスミ。 【プリコネR】ミスティカスミ(マジカル)の評価とステータス

【プリコネ】魔法少女ミスティカスミとは?【カスミマジカル・強制変身】

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

ちなみに実際のドーベルマンの立ち耳は自然なものではなく、生後数ヶ月以内に「断耳」というものを行うことであの見た目になっている。

10
カスミのポケモンとしては珍しくみずタイプ以外のポケモンでもある。 SM102話ではスイレンとの文通を通して休暇を兼ねてタケシと共にアローラ地方へ来た。

カスミ(プリコネ)とは (カスミとは) [単語記事]

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

結局はヤマトとコサブロウの作戦による偽のポケモン占いの結果であったと判明したものの、当初はその事を知らずに、訳もなく「絶対に変よ」と全く納得しようとせず真偽を確かめようとしていた。 AG45話でトゲチックに進化し、事件解決後はトゲピーとトゲチックの桃源郷である異世界を守ることを誓い、カスミの手元を離れた。 与ダメ、被ダメに直接関係するステータスで、 敵の主要アタッカーを倒す上で重要になってくる。

8
登場時期:OS 92話に登場。

【プリコネR】ミスティカスミ(マジカル)の評価と適正ランク/スキル【プリンセスコネクト】

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

逆に相手のTPを減少させてUBまでを遅くするスキル持ちもいる。 【スキル効果】 範囲内の敵に2050の魔法ダメージ 範囲内の敵を一定時間行動不能にする マジカルディテクティブ EXスキル 【説明】 バトル開始時に自分の物理防御力を中アップさせる。

17
【スキル効果】 敵単体のTPを381失わせる ミスティラッピング スキル2 【説明】 一番遠い敵1キャラを中心とした範囲内の敵すべてに魔法小ダメージを与え、さらに束縛する。 「カスリン」というニックネームを付けられたオスのラブカス。

【プリコネ】アリーナ1位になるために使ったキャラ・敵パーティ対策

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

防衛のNPCが非常に強力になってかえってきた。 バトルの実力も高く、額から発射される「はかいこうせん」でロケット団を撃退し、同話のゲストキャラ・ツバキ(声 - )とのバトルにも勝利している。

11
ポケモンに関する事柄以外でも、サトシの言動に対し何かと呆れたり「お子ちゃま」呼ばわりしたり、厳しい評価をするなどの言動が多いが、その反面カスミ本人も少々わがままかつ自分勝手でちゃっかりしており、いささか理不尽な言動も多い。 第2話で相手に、「ほんの見本よ! その後、サトシがに挑戦するための旅で、途中のハナダシティまで同行する。

【プリコネR】キャラ別推奨ランクまとめ|ランクはどこまであげるべき?【プリンセスコネクト】

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

スキル説明文を見て分かる通り敵のTP妨害を得意としている。 の花粉で麻痺症状を起こしたサトシとケンジを助けるため、アシレ水草を探していたカスミと出会う。 なお、幼少時の出来事が原因で(コジロウの進化したものやイブキ、ウミオの所持している別個体も同様)だけは苦手としていたが、番外編にて克服し、AGで再登場した際は見事に使いこなしていた。

その反面、サトシやタケシに深刻な悩みを打ち明けないなど、あまり弱みは見せずに強がってしまう所がある。

カスミ (アニメポケットモンスター)

カスミ ミスティ カスミ ミスティ

『あっち』では同じに通う)• ただし防御メインで上がる装備に、 回復量上昇やTP消費軽減が付いている場合は装備させたほうがよい場合が多い点に注意です。 正月ユイのランクを上げる場合 TP上昇を増やせるので高いランクでも使いやすくなった。 一方で初期から一貫して一部 を除くむしポケモンは苦手としており、度々「虫は無視」「虫は嫌い」と明言し、道中でむしポケモンに出会ったとたんに悲鳴を上げたり逃げ出したりするなど、むしポケモンに遭遇した際にカスミが拒否反応を起こすことは通例となっている(AGで再登場した際もタケシによってハルカとマサトに説明されていた)。

自警団 カォン• とぼけたコダックから一転し、クールな性格となっていた。 本作初のギャグキャラ [ ]で、カスミのポケモンの中では群を抜いてキャラ(ムサシのが登場まではレギュラーポケモン唯一のギャグキャラ)が目立っていたため、コダックが本筋に関連するエピソードは多々あり、カスミのポケモンでも特にスポットライトを浴びる機会が多い。