マクラーレン エルバ。 「マクラーレン エルバ Gulf テーマ by MSO」を日本初公開。ガルフ カラーがエルバにはよく似合う (1/2)

「マクラーレン エルバ Gulf テーマ by MSO」を日本初公開。ガルフ カラーがエルバにはよく似合う(Webモーターマガジン)

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

エルバのミッドシップには、4. もちろん希望すればかぶることもできるし、工場オプションとしてフロントガラスも選択できるという。 ブルース・マクラーレンが設計したマクラーレン M1Aは超軽量で、重量はわずか551kgだった。 高さと角度が調整でき、空力バランスが最適化される。

また基本設計は同一のFJシャシを発売し、これがイギリス初の市販FJシャシとなった。 マクラーレン・エルヴァ [ ] 自製レーシングカーを企画していたからトロージャン・ランブレッタ・グループが用グループ7レーサー製作委託を受けて製作した。

マクラーレン初のオープンコックピット! 新型ロードスター「エルバ」を日本初公開

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

エンジン:V型8気筒4Lツインターボ• なお、固定式のウインドスクリーンを装備したバージョンも、ファクトリーオプションとして一部のマーケットでは注文できる。 リアバンパーサイドエクステンションと組み合わされて、空力効率をさらに向上させるという。 お楽しみに!. また、「M1A」と呼ばれるカーボンファイバー製シャシーは、551kgと非常に軽量とした。

7
7秒しかかかりません。 AAMSが作動している場合、デフレクターはボンネットアウトレットの端で150mm上昇して、低圧ゾーンを生み出す。

【約2億円!】マクラーレン新型「Elva(エルヴァ)」発表!最新情報、スペックや価格、販売台数は?

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

マクラーレンが1967年から1971年まで、5年連続で優勝したカナディアン-アメリカン(カンナム)・チャレンジカップの前身であるカナディアン・スポーツカー・グランプリに1964年9月にM1Aが参戦した時、総合成績は3位だった。 この価格は、昨年発表され500台限定とされたマクラーレン・セナの75万ポンド(約1億500万円)の2倍に近い設定となっています。 マクラーレンは最新のスーパーカー、168万ドル(約1億8000万円)の「エルバ」を発表した。

3
エルバをベースに名車M1Aのイメージを再現 ブルース・マクラーレンのマクラーレンM1AをモチーフにしたM1A テーマ by MSO では、フロントリップスポイラー、サイドシル、ミッドシップのエンジンカバーに、マグネシウムシルバーのレーシングストライプを配した。 このシステムでは、フロントノーズから取り入れられた空気が、乗員の前方のクラムシェルから出て、コックピットの上に誘導されて、後方に流れる。

【Gulfカラーにひと目ぼれ】マクラーレン・エルバ・ガルフ・テーマ by MSO、日本上陸(AUTOCAR JAPAN)

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

またアクティブ・エア・マネジメント・システム(AAMS)は、空気の流れを変え、風をドライバーや乗員の頭上を通り抜けるようにし、「静かなバブル」を作る。 Writer:大貫直次郎 (提供:CAR and DRIVER). M1Aは強力なV8エンジンと独特の軽量樹脂塗装が施されていた。 ボディの両サイドには、ブルース・マクラーレンを象徴する「カーナンバー4」のレーシンググラフィックを入れた。

19
お楽しみに!. フロントウインドスクリーン未装備 エルバは、フルオープンコックピットのスーパーカーだ。

マクラーレンの最強アルティメットシリーズ「エルバ」に特別仕様車「エルバGulf Theme by MSO」が登場(カー・アンド・ドライバー)

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

最大トルクは81. また、「M1A」と呼ばれるカーボンファイバー製シャシーは、551kgと非常に軽量とした。 フロントウィンドウは、メーカーオプションで装着できる。 ただし、すべての性能数値は今後検証予定となっている。

1
リアアクティブスポイラーの採用により、空力性能も向上。 カンナムからF1、インディを闘うマシンには、ガルフ・オイルのステッカーが誇らしげに貼られていた。

マクラーレン エルバ ガルフ テーマ by MSOがグッドウッドで世界初披露

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

ディフューザーは、アクティブリアスポイラーと連動する。 このエンジンは『セナ』用がベースで、フラットプレーンのクランクシャフト、ドライサンプ潤滑、パワートレインの質量を削減する、軽量のコネクティングカムシャフト、ロッド&ピストンが採用された。

神田重巳『世界の自動車-15 クーパー ローラ エルヴァ』• 0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを搭載する。 こうして創始者ブルース・マクラーレンが計画していた究極のロードカーは、54年後にアルティメット・シリーズでガルフと共に実現したのである。

マクラーレン エルバ 日本発表…最大出力815psの新型ロードスター

エルバ マクラーレン エルバ マクラーレン

このエルバは、ビスポークを担当するマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)による「エルバ・ガルフ・テーマ by MSO」である。 エルバは、マクラーレンの最上級クラスの「アルティメットシリーズ」のニューモデルだ。 エルバのミッドシップには、4. エルバはマクラーレンの最新テクノロジーで構築。

乗員は必要なら、ヘルメットを着用することもできる。 マクラーレン・エルバ 低速での走行時はAAMSは機能せず、気流は2基の低温ラジエターへ流され、効率を高める。