かぐや 姫 の 嘆き 現代 語 訳。 Google 翻訳

『竹取物語』の原文・現代語訳18

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

[きこしめしたれば] 召し上がったので。 これを見て、おじいさんとおばあさんは、『どうしたのだ。

9
月の都の人です。

高校1年国語Bの古文について。

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

竹取物語「かぐや姫の嘆き」の単語・語句解説. 」と書き置く。 悲しいだけです。 その年の春の初めから、かぐや姫は美しい月が出ているのを眺めては、いつもよりも物思いに沈むようになった。

6
おのが身は、この国の人にもあらず、月の都の人なり。

古典「竹取物語」原文においてかぐや姫の嘆きはどこからどこまでになるでしょ...

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

一人の天人言ふ、 「壺なる御薬奉れ。 かぐや姫泣く泣く言ふ、『さきざきも申さむと思ひしかども、必ず心惑はし給はむものぞと思ひて、今まで過ごし侍りつるなり。 かわいらしいことはこの上ない。

(その悲しい顔で)深く思っていることは一体何なのだ。

『竹取物語』の原文・現代語訳18

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

」と言う。 答え:かぐや姫。

いらっしゃる、おられる、あおりになる。

竹取物語『天の羽衣・かぐや姫の昇天』現代語訳(1)

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

係り結び おはせ=サ変動詞「おはす」の未然形、「あり」の尊敬語。 姫は私が 竹の中から見つけ申し上げたのでしたが、 その時は 菜種ぐらいの大きさでいらっしゃったのを、私の背丈と同じぐらいに大きくなるまでお育て申し上げた、その私の子を誰がいったいお迎え申し上げるというのか。

「竹取物語」『かぐや姫の嘆き』(八月十五日ばかり…) 問題 「竹取物語」『かぐや姫の嘆き』(八月十五日ばかり…) 問題 八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣きたまふ。

かぐや姫の嘆き 現代語訳・品詞分解

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

妻の嫗に預けて育てさせる。 なでふものをか嘆き侍るべき』と言ふ。

20
また異所(ことどころ)にかぐや姫と申す人ぞおはすらむ。

『竹取物語』の原文・現代語訳18

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

あたは ぬことなり。

その時に、かぐや姫、「しばし待て。

竹取物語[かぐや姫](原文・現代語訳:全巻)

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

「黒=原文」・「 青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 今は昔、竹取の翁といふものありけり。 」 と書き置く。

13
」 とて、持て寄りたれば、いささかなめ給ひて、少し形見とて、脱ぎ置く衣に包まむとすれば、在る天人包ませず。

竹取物語[かぐや姫]・五・『火鼠の皮衣‐右大臣阿倍御主人』(原文・現代語訳)

嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや 嘆き 訳 現代 語 姫 の かぐや

月の都へ帰るのは、うれしいような気持ちもいたしません。 [現代語訳] このようにして、帝とかぐや姫はお互いに気持ちを重ねて慰め合っていたが、三年ほどの月日が流れた。

男はうけきらはず呼び集つどへて、いとかしこく遊ぶ。