うじ より 育ち 意味。 氏より育ち(うじよりそだち)

氏より育ち

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

貧乏な家庭に生まれても、頭脳明晰であり、将来、社会を担う人材に育つ可能性というのはあります。 西欧社会がその例でしょうか。 私は、そのような「行動する保守」を非難する外国人と、その支援者の方が、排外的だと思います。

16
努力は決して裏切らないものです。

「氏より育ち」は本当か?

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

だから、能力主義だと、一部の能力のある人と 大多数の無能力者とに別れるのです。 しかし、これは、日本だけでなく、また、国の体制を問わず、共通しています。 あなたにとって,人間として重要な要素は「氏(うじ)」ですか,それとも,「育ち」ですか? 参考までに: どの人間社会においても,日本語でいうところの「氏(うじ)より育ち」ということを意味する言葉があります。

15
『「氏」という,いわゆる「血」によって人々が一方的に「評価」される社会を,いわゆる「血」によって社会に包摂されるか否かが決まってしまう社会を,いまの日本人はほんとうにのぞんでいるのでしょうか?』……「氏」に恵まれない人々は、望んではいないと思います。 上方 京都 の「いろはかるた」の一つです。

「氏(うじ)」VS「育ち」

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

『氏より育ち』という反骨の価値観で今まで生きてきたが、やはり生まれながらの苦労を知らないお嬢様が持つ優雅さや上品さを前にするとひどく緊張してしまうものだ。

17
そっと教えてくれる言葉が「氏より育ち」なのです。

「氏より育ち」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

質問者様は、「日本人的ではない」と決めつけられた事があったのでしょうか。 人の場合は「生まれつきの家系か、それとも教育か」、サラブレッドの場合は「血統か、それとも育成や調教の成果か」 ……これらの議論は常に続いていますし、今後もエンドレスに続くでしょう。

19
どこの家に生まれたかよりも、その後の努力・しつけの方が大切という教えです。 いったいこの息子とやらはどんな育て方をされたのだろうか。

「氏より育ち」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

ほとんどの人間は能力など無いのです。 氏より育ちということわざがあるように、たとえ貧しい家庭に生まれても、きちんとした教育を受け、本人が努力すれば優れた人間に成長できるのだ。

2
それだけではありません。 人間がどのように育つかということについて、「どのような遺伝子を持って生まれるか」ということ、それから「育つ環境」と「育てられ方」という観点から、簡単に書きましたが、もう一つ重要かつ、大きな要素があります。

ことわざ「氏より育ち」の意味と使い方:例文付き

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

「日本人的ではない」と決め付けられて、「遺憾」と思う様な日本人は、少ないでしょう。 あるいは、大きな病気を背負って生まれてくることもあるでしょう。

9
民主主義と資本主義が社会の基礎的存在とされる日本社会においても,「育ち」は「氏」よりも重要視されます。

【氏より育ち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

どんなに優れた家に生まれた人でも、惰性にあぐらをかいている状態では、出世することはできません。

6
「である」と「する」の違いとでも言いますが・・。 日本社会が今以上に「氏より育ち」を重視して、教育課程でキチンとした歴史教育、道徳教育、人間教育を実施できるようになりたいですね。

【氏より育ち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

質問者さんの場合、非日本人的な「負の遺産」に、固執し過ぎてるだけじゃないですか? そんな遺産は、受け継がなきゃ良いだけでしょう・・。 「氏」でも「育ち」でもありません。 しかしながら,いわゆる「行動する保守」の影響などにより,いまの日本社会においては「排外主義」が高まりつつあることが指摘されています。

11
「氏」とは、家の名称であり、先祖代々引き継がれるもので、家系を表します。

ことわざ「氏より育ち」の意味と使い方:例文付き

意味 育ち うじ より 意味 育ち うじ より

自分の「氏」にも誇りを持った「育ち」も良い、外国系の「立派な日本人」の友人です。

5
氏より育ちの由来 氏より育ちは京都につたわる「上方かるた」に収録されている言葉です。 生まれながらに決まってしまう家柄・身分よりも、本人や親の意思・努力によって変えられる環境・共育のほうが、人格形成にとって重要であるということ。