ものかげ から きゅう に とびだし て ひと を おどろか せる ときには っ する こえ。 「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」という訓読みの漢字があるらしいw

閄とは

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

関連項目 [編集 ]• では、「閄」の「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどかせるときにはっするこえ」についてみた場合、どうでしょうか。

3
Depending on the color of the body, the translucent part of the design may be printed white. 「急に」「発する」などの漢語が入っており、「和語」「大和言葉」の意味ではありません。 978-4-469-03163-8。

この字でこう読むの!? 読みの長い漢字!

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

訓読みはない。

16
--() 2019年12月20日 金 12:23 UTC 情報 をきっかけに、ちと検索をかけたところ、がありました。 たとえば、「にわかにとびいでてひとをおどろかすときにはなつこえ」、「いきなりとびだしてひとをおどろかせるこえ」などなら、「訓読み」といえるかもしれません。

ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ T

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

「ももん」と読ませている。 大漢和辞典 [ ] 41216番に収録されている。 字義(文字が意味する事柄)は「物陰から急に飛び出して人を驚かせるときに発する声」(新漢語林 第二版より)。

14
文字解説 [編集 ] 字義・解字 [編集 ] とを合わせたで 、人が門から急に飛び出して人をワッと驚かす声を表すである。

「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」ってあれ意味じゃなくてガチの訓読みかよwww(cf:なんだかとっても!いいかんじ)

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

読み [ ] はで「コク」、で「ワク」。 参考文献 [ ]• 参考文献 [編集 ]• 攸 人偏に縦線、牧のつくりで構成されている漢字。

18
逆に言えば、全て大和言葉であれば、訓として成り立ちます。 使えるかが極めて不安。

この字でこう読むの!? 読みの長い漢字!

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

12月02日• 12月01日• 関連記事 親記事. 07月30日• こんにちは、 アサヒです! 前回は漢字のその形になった怖い由来を紹介しましたが、今回は「読み」について紹介していきます! 漢字1つ1つに必ず存在する 読み。

18
ですから、基本的に、「大和言葉の意味」=「訓読み」なのです。

この字でこう読むの!? 読みの長い漢字!

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

ちなみに『漢字源』改訂第四版(学研)ではこの字の読みは「カク」「セン」の2種類のみとなっています。

7
概要 総画数は10画。 --() 2020年6月19日 金 11:11 UTC 賛成 従来の漢字使用制限に則した表記の「」は、紛らわしいです(、など)。

ノート:閄

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

Price and printing will vary depending on the color of the body. 「カク、セン」とする辞典もある。 ・食 人に良いと書いて食べるという漢字となっています。

脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 12月01日• 常用漢字では無いため、スマホや携帯では出てこないことが多い。

「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」ってあれ意味じゃなくてガチの訓読みかよwww(cf:なんだかとっても!いいかんじ)

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

ニンジン、古来からの日本の言葉?、とすれば人参自体が発音だけの当て字かもしれません。 創作物での使用例 [ ] カッコ内はふりがな。

2
今回は訓読みにスポットを当てていきます。

閄とは (モノカゲカラキュウニトビダシテヒトヲオドロカセルトキニハッスルコエとは) [単語記事]

に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには に する て こえ ものかげ せる きゅう から を おどろか ひと とびだし っ ときには

12月01日• 『新潮日本語漢字辞典』、2007年。 12月01日• 外部リンク [編集 ] に関連の辞書項目があります。

『会談興晤 閄雅話』(かいだんおとしばなしももんがわ ・かいだんきょうごももんがわ ) - 作の期の。