エクセル 月別 集計。 「集計」機能を使ってみよう! [エクセル(Excel)の使い方] All About

【Excel】データ集計を一瞬で!ピボットテーブルを極めよう

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

集計するといえば、集計機能を使う方法もありますが・・・データをそのままではちょっと無理があります。

1
日頃Excelを使っているなら、ぜひ覚えておきたいのがピボットテーブルです。 「検索条件」・・・計算の対象となるを定義する条件を指定します。

項目別に集計するには

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

VBAコード37行目は、右辺で「会計月」に1を足した値を書込み列の変数「lngWCol」に代入しています。 続いて、同じ月のカウントを実際に行っていきましょう。

データ全体の合計はオートSUM関数などで簡単に求めることができますが、ここで紹介する集計機能では、合計だけでなく「小計」も自動計算できる便利機能です。

EXCELの月別集計(日別データを月別に集計する方法)はSUMIFS関数で

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

「日付」欄で右クリックして、「グループとアウトラインの設定」の「グループ化」を選択して、「月」を選ぶと、月別の合計金額が表示されます。 「」では、営業ごとに作成された御見積台帳から「受注」となった案件だけを抽出して、「受注明細シート」に転記する方法を紹介しました。 このピボットテーブルは、商品名ごとに集計されていますが、 それは、[ピボットテーブルのフィールド]作業ウィンドウで、 商品名ごとに集計されるよう設定してあるから。

8
1972年12月18日 大阪生まれ。 さらに一歩進んだピボットテーブルのスキルや活用法を知りたい方におすすめです。

【Excel】エクセルで同じ月のカウントを行う方法【月別の集計】|白丸くん

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

担当者などから、欲しい項目を選択し、これで作業は完了です! 項目を変更したいとき 不要な項目フィールドのチェックを外し、必要な項目フィールドを新たにドラッグするだけでOKです。 マクロは分かりません。

9
データの内どれか1つのセルを選択して、 「データ」-「ピボットテーブル~」を選びます。 ピボットテーブルが日付別に作成されます。

項目別に集計するには

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

もし、この作業ウィンドウが表示されていない場合には、「」をご覧ください。

SUMIFS関数はExcel2007以降で使用可能です。

【Excel】エクセルで同じ月のカウントを行う方法【月別の集計】|白丸くん

集計 エクセル 月別 集計 エクセル 月別

その前にまずは、このファイルをダウンロードしておくことをおすすめします。 ピボットテーブルを使うと簡単に分析が出来ます。 A2(日付)を、I列から探してIからJ列の2番目を表示するしくみです。

FILTER関数で各月の販売額を配列に取り出して、SUM関数で合計するといった手順になります。 奥の深いピボットテーブル、ぜひあなたもマスターしてくださいね。