花山院 の 出家。 大鏡 「花山院(くわさんゐん)の出家(すけ)」 現代語訳

☆古典☆花山天皇の出家の分かりやすいあらすじを教えて下さい。

出家 花山院 の 出家 花山院 の

寛和二年丙戌 の年の 六月二十二日の夜、意外で驚きましたことは、人にもお知らせにならないで、こっそりと花山寺においでになって、ご出家入道なさったことであります。 各年の年齢から計算すると、1292年、1294年などとなり、一致しない。 その日は、冷泉院の御時の大嘗会の御禊あり。

15
寺などでは、 「もしや無理に誰かが 栗田殿を 出家させ申しあげるのではないか。 当時の常識では、いったん出家した人物が俗世に帰る(還俗)ことはとても難しいことでした。

大鏡「花山院の出家」原文と現代語訳・解説・問題|花山天皇の出家・花山院の退位

出家 花山院 の 出家 花山院 の

神 しん 璽 し ・ 宝剣 ほうけん わたり給ひ ぬるには。

法名・素貞。

大鏡『花山院の出家』品詞分解のみ(1)

出家 花山院 の 出家 花山院 の

「で」に置き換えて訳すと良い。

20
まず、最初の文ですが、 「率て出だし参らせ給ふに」とありますが、「ひきいる」「出す」という言葉からすれば、主語は、粟田殿です。

花山院家(清華家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

出家 花山院 の 出家 花山院 の

動作の主体である粟田殿(=藤原道兼)を敬っている。 [ 貞永元年4月2日(ユリウス暦:1232年4月23日) 〜 建治2年5月4日(ユリウス暦:1276年6月17日) ] 定雅男。

17
寺などにては、もし、おして人などやなし奉るとて、一尺ばかりの刀どもを抜きかけてぞ守り申しける。

『花山院の出家』、登場人物や簡単なあらすじを解説!

出家 花山院 の 出家 花山院 の

応永3年正月5日(ユリウス暦:1396年2月14日)叙従三位。

19
宮中へ行って、急いでこのことを申し上げよう。 32代目当主と33代目当主は共にからへ転身した。

花山院家(清華家) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~

出家 花山院 の 出家 花山院 の

大治5年10月5日(ユリウス暦:1130年11月7日)任参議。 「おはす」より敬意が高い言い方。

14
すると、中からの声がして、「 帝が退位されるという異変があった。

大鏡 「花山院(くわさんゐん)の出家(すけ)」 現代語訳

出家 花山院 の 出家 花山院 の

様式、手本。

4
」と仰せられて、 「わが出家は成就するのだなあ。 初出掲載:2019年2月2日. いらっしゃる、おられる、あおりになる。