プロスピ トレジャー パターン。 【プロスピA】プロスピトレジャーの攻略とコツ|シャベルやマスを効率よく活用しよう

【プロスピA】プロスピトレジャー最速攻略のための35パターン

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

トレジャーマップパターン例 プロスピトレジャー攻略で一番気になるのは、 「マップパターンが判れば、いちばん効率よく財宝マス発掘できる!!」 というわけで、いろいろやってみた結果をまとめてみました。 90 A ビシエド (通常) 打撃能力が高く、ミートAのミート型。

15
アイテム稼ぎ重視ならドリル 「すごいシャベル」は9マスのうちランダムで3マスしか発掘してくれませんが、ドリルは横または縦一列すべて発掘してくれます。

プロスピトレジャー攻略は自操作とアイテム!マップパターンは?

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

「モアイの数より外側」を掘ることを忘れずに! 「すごいシャベル」は9マスからランダムに3マス発掘してくれるので、すでに発掘済みのマスと重なっていても無駄にはなりません。 走力型の中ではトップクラスの能力で、称号でミート型やミート・走力の同値が可能。 【まとめ】プロスピトレジャー攻略 プロスピA新イベント「プロスピトレジャー」は、マップパターンがあるとはいえ、引き運しだいの要素が強いイベントですね。

90 A 藤浪晋太郎 (TS) 14勝を挙げた2015年モデルでTS初登場。

【イベント攻略】プロスピトレジャー!~マップ調査のために掘りまくってみた~(9.21最終更新)

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

90 A 岸 孝之 (通常) A能力こそ無いものの全体的な能力が高く制球型。 おすすめ発掘アイテムと使い方 マップに隠された財宝を発掘するにはアイテムが有効ですが、アイテムの使いどころを意識しないと無駄になりかねません。 制球・スタミナもBになり、リリーフ投手全体の中でもかなり高い能力になった。

14
90 A 西 勇輝 (通常) 8球種という球種の豊富さが魅力。 球種は3球種しかないため、変幻自在コンボには不利。

プロスピA 攻略情報まとめ|プロ野球スピリッツA攻略

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

制球とスタミナAの制球型で、球威も称号でAが狙える。 90 A 大島 洋平 (通常) ミートA81・走力A81の同値なので、能力面でもコンボ面でも貴重な存在。

9
まあ、この場合はたまたまともいえますが、傾向としては大ハズシはしていないと思います。 称号で制球+3できればオールAが可能。

【プロスピA】Sランク強さランキング&能力評価2020最新版(リセマラ)

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

抑え適性のみで、起用法は限られる。

9
90 A ソト (通常) (SEL) 打撃能力が高くパワーAのパワー型。 アイテム稼ぎ重視 プロスピトレジャーは、発掘したマスから必ずなんらかのアイテムがゲットできます。

プロスピA 攻略情報まとめ|プロ野球スピリッツA攻略

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

90 A 石川 歩 (通常) 全体的に能力が高く、球威と制球の同値。 守備適性もBあり、攻守で頼れる存在。

5
80 A 今江 敏晃 (TS) 2年連続のTS登場。 「プロスピラビリンス」の攻略とコツ 金の宝箱で豪華報酬を狙う ラビリンス内には 稀に 金の宝箱が落ちていることがあります。

【プロスピトレジャー】宝箱の全パターン早見表!(≧▽≦)看板・モアイ追加!【9/17 21時更新】

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

プロスピAのダウンロード. 最後3つ目の財宝が探しやすくすることが可能です。 1つのマップから宝箱を3つ集めると、マップクリアになり、そのマップクリアを7回行う 4. 育成が進んでいないケース、今後スピ解放して使うことも考えているケース、いずれにしても今のうちにAランクを集めておく必要がありそうです! 周回すべきか? アイテムやコインなど有用なアイテムが多く手に入る良イベントだと思いますが、エナジーはさほど多く獲得できないと感じました。

90 A 糸井嘉男 (TS) 今年は日本ハムでTS登場(2年ぶり)。 二塁適性B78あり、特守でAが可能。

【2020series】コナミさんからの豪華プレゼント!?今月も新イベント開催&新ガチャ登場も~9月のプロスピまとめ~

トレジャー パターン プロスピ トレジャー パターン プロスピ

同じマップが存在しているのでは?と。

4
80 A 五十嵐亮太 (TS) 2年ぶりのTS登場。 ちなみにこれは縦と横での移動距離を示しており、斜め方向ではカウントされません。