総武 線 快速 路線 図。 JR総武線快速の時刻表

総武本線

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

全区間を通して運行されるほか、横須賀駅・逗子駅・大船駅・品川駅・東京駅・津田沼駅発着の設定がある。 保安装置:• (平成13年):佐倉駅 - 成東駅間で ATS-P 使用開始。 「」(武蔵小杉駅 - 品川駅・東京駅間)• 過去にも臨時列車として前述のような特別快速が運行された実績はあるが、定期列車として運行されたのは初めてのことであった。

19
内房線の正式な起点は外房線だが、列車は直通列車を除いて千葉駅へ乗り入れる• 2012年3月17日のダイヤ改正まで、基本編成が逗子止まりで、付属編成が横須賀駅・久里浜駅へ直通する列車もあった。 また、のホーム設置は見送られた。

特急しおさいの停車駅・路線図・沿線の観光情報・模型

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

(平成23年):新小岩操駅が新小岩信号場駅に改称。 当運転系統および付き列車では初のホームドア使用となる。 アプリが持っている便利な機能としては、山手線内の駅の構内図で位置情報がわかる(位置情報はAndroidのみ対応)機能などがあります。

20
15両(一部11両)編成で、基本編成4・5号車にグリーン車を連結していた。 :小岩駅が開業。

JR総武線快速の時刻表

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

正式路線名称は久里浜駅 - 間が、大船駅 - 東京駅間が 、東京駅 - 千葉駅間がである。 東京駅・新宿駅・に設置されているライナー券でライナー券を購入し、指定された号車の乗車口から乗車する制度となっていた。

また、1992年(平成4年)12月3日にはが開業した。

特急しおさいの停車駅・路線図・沿線の観光情報・模型

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

を渡ると、次いでをくぐり、・を渡ると快速停車駅のに至る。 (47年):総武快速線東京駅 - (両国駅 - )錦糸町駅間地下トンネル及び(両国駅 - )錦糸町駅 - 津田沼駅間複々線化完成、東京地下駅開業伴い総武快速線運行開始。 運用車両 [ ] (鎌倉車両センター所属、-)• 乗換路線 乗換路線はありません• :の運行を開始。

14
113系を使用していた時期から、側面に青文字(LEDでは赤文字)で「エアポート成田」と併記されている。 成東駅からは国道126号と並行し、南東のに面したから5 kmほど離れた下総台地のふもとの平野部を進んで銚子を目指す。

JR総武線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

(大正3年):南酒々井駅が開業。 田園地帯を進んでいくとトンネルを抜け 、カーブして東方向に向きを変えると、との分岐駅である佐倉駅に至る。 JRの駅と京成の駅が同一構内にある例は数少ない。

4
:ホームライナー千葉の列車号数の整理が行われる。 209系2000番台 導入予定車両 [ ]• 沿線は田園地帯が続き、手前では線路の方向が東向きに変わる。

JR総武線 駅・路線図から地図を検索|マピオン

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

(明治37年)• 特急「しおさい」で運用されている。

1
この工事は1973年(昭和48年)6月28日に完成している。 で使われる路線記号は JO。

JR横須賀線の路線図

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

幹線または地方交通線のみを利用する場合、東京・大阪の電車特定区間のみを利用する場合、山手線内・大阪環状線内のみを利用する場合でも、それぞれ運賃は異なります。 黒砂信号場を過ぎると稲毛駅へ入り、同駅は1981年10月1日ダイヤ改正より、快速停車駅に昇格し、総武快速線の中で一番新しい停車駅である。 市川駅、千葉駅、船橋駅、佐倉駅が開業。

13
(平成17年):183系、189系を置き換える関係から特急にが投入され、運用を開始。

総武快速・横須賀線E217系「短命26歳」一線を去るワケ

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

の都合上、旭駅 - 銚子駅間の列車や横芝駅発着の列車も設定されている。 千葉方面からの総武本線の列車は津田沼から新線に乗り入れ、新浦安から京葉線経由で東京駅へ、あるいはこれも2015年を整備目標とする・方面への延伸線に向かうことが想定されている。

10
朝夕ラッシュ時には成田駅発着の列車も設定されており、平日には通勤快速(前述)が運転されている。

横須賀・総武快速線

図 路線 線 総武 快速 図 路線 線 総武 快速

分離された区間で、東京 - 品川駅間は、1976年(昭和51年)10月1日に開業した総武快速線の地下区間に接続させた形となり、品川駅 - 鶴見駅間は、(昭和4年)8月21日に開業した貨物専用線の通称品鶴線を転用、鶴見駅 - 大船駅間は、(昭和3年)3月20日までに平塚まで開業していた貨物線の転用、よって現在の同区間の横須賀線の走行線路は、地下区間を除き、それぞれ既存貨物線の転用によるものである。

(昭和51年)10月1日に東京駅の地下中央通路の混雑が問題となり、その緩和のため、1973年(昭和48年)6月に完成していた東京駅 - 品川駅間の別線(地下線)が開業(横須賀線の乗り入れが遅れたため、先の開業となった。 使用車両をE257系500番台に統一。